ブログ

2021/10/07 15:26




【菜切包丁】は古くから日本でよく使われてきた包丁です。

その名の通り“野菜”を切ることに特化した包丁ですが、

形状が違うタイプのものがあり、

目的に応じて選ぶと調理がよりしやすくなりますよ!

 

 

【菜切包丁】はただ野菜を

トントンと切るだけの包丁ではありません。

【菜切包丁】の特徴をいかした使い方を

知っておきたいですね♪

 

 

当記事では【菜切包丁】について

以下の内容をまとめています。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

  1. 【菜切包丁】の特徴とは?
  2. 【菜切包丁】のメリット
  3. 【菜切包丁】のデメリット

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


【菜切包丁】の特徴と

メリット・デメリットを知って

自分に合った包丁選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

【菜切包丁にはどんな特徴がある?】

 


最高級プロ用菜切り包丁【水鋼葵】はこちらをクリック▶

 

【菜切包丁】は、野菜を切るために作られた包丁です。

野菜が切りやすいような刃の形状をしており、

野菜を潰さずにキレイにカットできるようになっています。

特徴を詳しく見ていきましょう!

 

 


 


一般家庭で家庭料理の際に使うのであれば、

16㎝~20㎝程度のサイズ感が使いやすいでしょう。

 

 

刃幅はかなり広い作りになっていて、

大きな食材もまっすぐにキレイに切ることができます。

刃厚は薄い作りのものと、厚い作りのものがあります。

 

 

また、関東と関西では形状が異なります。

関東型は、全体的に四角い形状をしており

切っ先は尖っていません。

この形状から千切りがしやすい包丁になっています。

 

 

一方で関西型は、峰側がカーブしていて

切っ先が尖っています。

尖った刃先を使って飾り切りや切り抜きなどの

細かい作業が可能です。

 

 

関東と関西では形状が違うため

目的に応じて選ぶと良いですよ。

上手に使いこなせるようになれば

硬い食材も難なく切れるようになりますよ♪

 

 

【菜切包丁】は余計な力を入れなくても

食材をスムーズに切ることができます。

野菜料理を多く作る家庭では

欠かせない包丁と言えますね

 

 

【菜切包丁のメリットとは?】

 



 最高級プロ用菜切り包丁【水鋼葵】はこちらをクリック▶


【菜切包丁】の最大のメリットは、

とにかく野菜が切りやすい

ということです!

 

 

刃がまっすぐに食材に入るので

切った断面もとても美しく仕上がります。

 【菜切包丁】のメリットを細かく見ていきましょう。

 

 


 

 

【菜切包丁】は切っ先が尖っていない関東型と

切っ先が尖っている関西型でメリットが多少異なります。

 

 

関東型のメリットは、

均等に力が入るので葉物の千切りなどが

しやすいという点です。

 

 

一方で関西型のメリットは、

刃先を使って 細かい作業ができる

という点です。

 


 関東型にも関西型にも共通するメリットは、

カサの大きな野菜を余計な力を入れずに

一気に切れて

桂剥きがしやすいというところですね。


 

次に【菜切包丁】の刃厚の違いによるメリットを

見ていきましょう。

 

 

薄い刃の【菜切包丁】は

食材が薄く切れて、千切りやみじん切りがしやすい

というメリットがあります。

 

 

刃が厚い【菜切包丁】の場合は、

かぼちゃなどの硬さのある食材を切っても

刃が欠けにくいというメリットがあります。

大きくて硬い餅を切ることもできます。

 

 

薄い刃のタイプにするのか、

厚い刃のタイプにするのかは

用途によって選ぶと良いですね

 

 

【菜切包丁のデメリットは?】


最高級プロ用菜切り包丁【水鋼葵】はこちらをクリック▶

 

 

次に【菜切包丁】のデメリットについて

見ていきましょう。

 

 


 

 

切っ先が尖っていない四角い形状をしている関東型は、

小細工には向かない包丁といえます。

 

 

一方で関西型の切っ先が尖っている【菜切包丁】は、

切っ先が尖っていることで

刃全体に均等に力が入りづらいという面があります。

 

 

また、切っ先が尖っているので

刃先の部分を使うと

千切りがしづらく、

食材が下まで切りにくい場合があります。

 

 

関東型と関西型のどちらの【菜切包丁】も

l  肉を切ること

l  魚を切ること

これらはできない包丁です。

 


また、刃の厚みによってもデメリットが異なります。

刃の薄い【菜切包丁】は、

硬い食材を切ると刃が欠ける可能性があります。

 

 

刃の厚い【菜切包丁】は、

食材が薄く切れない、細かい作業はしづらい

というデメリットがあります。

 

 

このように【菜切包丁】は

なんでも切れる万能包丁のように

幅広い食材には対応しきれません。

 

 

しかし、野菜を切る際に用いることで

料理の幅が広がり、

調理時間の短縮やより美味しい料理を

作ることができますよ。

 

 

また【菜切包丁】を上手く使いこなせるようになれば

余計な力を入れず

刃を痛めることもなく

食材を切ることが可能になります。

 

 

【菜切包丁】を使って

たくさん美味しい野菜料理を

作ってくださいね

 

 

ブログトップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora 料理人御用達の家庭用高級包丁専門店. All Rights Reserved.