包丁の選び方

2021/12/18 15:31


どんなに切れ味の鋭い包丁でも

使い続けていくうちに刃が摩耗し、

切れ味が落ちてしまうため

「研ぎ直し」が必要です。

 

 

包丁を「研ぎ直し」する際は、

シャープナーや砥石を使用します。

 

 

当記事では【シャープナー】について

以下の内容をまとめています。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

  1. 【シャープナー】の特徴とは?
  2. 【シャープナー】のメリット
  3. 【シャープナー】のデメリット

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

売れ筋ランキングを見る


 

友達登録する

 



 

【シャープナー】を活用して

包丁の切れ味を継続させ

調理時間を快適にしましょう。

 

 

【シャープナーの特徴は?】


 

【シャープナー】は包丁を砥ぐのが

初めての人や不得意な人でも

簡単にキレイに砥ぎ直しができる

便利な道具です。

 

 

【シャープナー】は正しく使うことで

しっかりと研ぎ直しができ、

鋭い切れ味を取り戻すことができます。

 

 


 

 

【シャープナー】には、手動と電動があり、

手動シャープナーは、

刃がV字に交差した形状の交差式と

2枚の砥石が回転するロール式があります。

 

 

電動シャープナーは

電池を入れて使用するタイプで、

電池で砥石が回転する仕組みです。

 

 

手動シャープナーは刃の段階が

荒砥石、中砥石、仕上砥石

となっています。

 

 

刃が欠けている場合は、

荒砥石から順番に使用し、

中砥石、仕上砥石で完了します。

 

 

電動シャープナーは

砥ぐ場所が一か所で完結します。

 

 

手動シャープナーは

10回ほどスライドさせれば

砥ぎ直し完了です。

 

 

電動シャープナーの場合は、

23回スライドさせるだけで

砥ぎ直しが完了します。

 

 

シャープナーの使い方は、

手動も電動も同様に、

砥ぎ口に刃元を当て、切っ先まで

手前に引くようにして使います。

 

 

【シャープナーのメリットは?】


 

【シャープナー】で研ぎ直しをする

最大のメリットは

手軽に研ぎ直しができることです。

 

 

【シャープナー】を使えば、

砥石で砥ぎ直しをするよりも

簡単で楽に研ぎ直しができます。

 

 


 

 

手動シャープナーの交差式は

簡単な構造になっているため

安価に手に入れることができます。

 

 

手動シャープナーは

刃の段階が荒砥石、中砥石、仕上砥石の

3段階の砥石で包丁の状態に合わせて

砥ぎ直しが可能です。

 

 

刃こぼれしている包丁は

荒砥石で砥がなければ

砥ぎ直しができません。

 

 

刃こぼれしていない包丁の

メンテナンスをするなら

中砥石→仕上砥石で

十分に研ぎ直しができます。

 

 

手動シャープナーの交差式は、

日常的に簡単にお手入れしたい人に

ぴったりの包丁です。

 

 

手動シャープナーのロール式は、

砥石で砥いだ様な仕上がりになることが

メリットです。

 

手動シャープナーのロール式は、

より本格的に研ぎたい人に

ぴったりのシャープナーです。

 

 

電動シャープナーは

砥ぐ力を調整する必要がなく、

手早く楽に研ぎ直しができることが

メリットです。

 

 

電動シャープナーは

電池を入れることで

砥石が回転します。

 

 

砥ぎ口に包丁を差し込んで

ゆっくりとスライドさせることで

簡単に研ぎ直しができます。

 

 

スピーディーに研ぎ直しをしたい人に

ぴったりなシャープナーです。

 

 

【シャープナーのデメリットとは?】


 

シャープナーは簡単で楽に砥げるという

メリットがありますが、

使い方によっては包丁の刃を痛めてしまうという

デメリット面があります。

 

 


 

 

手動シャープナーの交差式は

刃にバリ(かえり)ができることがあります。

バリとは削れた鋼の出っ張りのことです。

 

 

バリが研ぎ取れていないまま使用すると

切れ味が鈍る恐れがあります。

 

 

手動シャープナーの交差式は、

刃先が鋭く切れ味の良い包丁の

砥ぎ直しに使うと、逆に

刃を痛める可能性があります。

 

 

刃先の鈍角な包丁に使えば

切れ味が良くなったことを

実感できるでしょう。

 

 

手動シャープナーのロール式は、

刃先がギザギザになって

刃を痛める可能性があります。

 

 

そのため、過度な使用は

控えた方が良いでしょう。

切れ味の鋭い包丁への

使用も控えた方が良いです。

 

 

電動シャープナーは

商品によっては

音がうるさいものがあります。

 

 

騒音が気になる人には

向かないシャープナーです。

 

 

またほとんどが、

右利き用になっているため、

左利きの人も使えるのかは

事前に確認しておく必要があります。

 

 

シャープナーは手動式も電動式も

出刃包丁や刺身包丁などの片刃包丁や

パン切包丁などのギザギザした刃の包丁には

使えないため注意が必要です。

 

 

手動シャープナー、

電動シャープナーには

それぞれメリットと

デメリットがありました。

 

 

一般家庭で使う包丁を

日常的にお手入れしたいのであれば

手動シャープナーの交差式が

おすすめです。

 

 

日常的に簡単にお手入れしやすい

シャープナーをお探しなら

当店の【シャープナー】は

いかがでしょうか。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【牛刀】や【三徳包丁】を購入した人におすすめ

家庭用包丁の日常的なお手入れが簡単にできる【シャープナー】

https://www.damascus-kia-ora.com/items/34665323

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

自分に合ったシャープナーを選んで

包丁の切れ味を持続させて

食材をキレイにカットしてくださいね。

 

 

売れ筋ランキングを見る


 

友達登録する

 

 


 

 

包丁の選び方トップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.