インフォメーション

2021/11/12 14:50



【刺身包丁】はプロが使う包丁だと

思われている方も多くいますが、

実は家庭でも使いやすい包丁です。

 

 

プロ用の【刺身包丁】は刃渡りが

長いものが適しており、

一般家庭用はプロよりも刃渡りが

短いものが良いですよ。

 

 

また、関東型と関西型で形状が異なっていたり、

片刃と両刃があるなど様々です。

自分に合った【刺身包丁】を見つけてくださいね。

 

 

当記事では【刺身包丁】について

以下の内容をまとめています。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

  1. 【刺身包丁】の特徴とは?
  2. 【刺身包丁】のメリット
  3. 【刺身包丁】のデメリット

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

売れ筋ランキングを見る


 

友達登録する

 

 


 

 

【刺身包丁】があれば、

自分で釣った魚を刺身にできたり、

ブロック状の魚を購入して

自宅でキレイな刺身が引けますよ♪

 

 

【刺身包丁にはどんな特徴がある?】


 

 

【刺身包丁】はその名の通り、

刺身を引くのに適した包丁です。

まずは、刺身包丁の形状には

どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

 

 


 

 

刃渡りは長く1840㎝程のものがあります。

40㎝程の刃渡りが長い【刺身包丁】は

プロが使っているサイズです。

 

 

一般家庭では、調理スペースや

扱いやすさから2127㎝程の【刺身包丁】が

おすすめですよ。

 

 

刃幅は狭く、刃厚は薄いので

刺身をキレイに引くことができます。

 

 

切っ先が尖っている柳刃包丁は関東型と言われており、

切っ先が四角い蛸引包丁は関西型と言われています。

切っ先が尖っている柳刃包丁を

【刺身包丁】と認識している人が多いですね。

 

 

【刺身包丁】は片刃・両刃があり、

左利き用の片刃もあります。

刺身は繊細な包丁遣いが必要となるため

利き手にあった包丁でキレイな刺身が引けます。

 

 

【刺身包丁のメリットは?】


 

 

【刺身包丁】は刺身をキレイに引けるという

メリットがある包丁です。

形状によるメリットを詳しく見ていきますね。

 

 


 

 

刃渡りの長さをいかして

一気に引き切ることができるので

キレイな刺身が引けます。

 

 

また、刃幅が狭いため柔らかい魚の身を

切りやすくなっています。

刃厚が薄いため切れ味が鋭く、

身の断面を潰すことなく鮮度を保ったまま切れますよ。

 

 

切っ先が尖っている柳刃包丁は、

切れ味が鋭いため美しく刺身が引くことができ、

ブロック状の魚を切るのに適しています。

 

 

切っ先が四角い蛸引包丁は、

滑りやすいタコを切るのに適していることから

その名がついています。

 

 

そのため、タコを切りやすく

寒天なども切りやすいというメリットがあります。

 

 

片刃の【刺身包丁】は、

切れ味が良いというメリットがあります。

片方の面だけ切れるので

薄切りに適しています。

 

 

また、左利きの方が扱いやすい

左利き用もあります。

両刃は両面に刃がついているので

【刺身包丁】初心者も使いやすいですよ。

 

 

【刺身包丁のデメリットとは?】


 

 

お店のようなキレイな刺身を引くのに

欠かせない【刺身包丁】ですが、

デメリットとなる面もあります。

 

 

デメリットを知って

効率的に使いたいですね。

 

 


 

 

大は小を兼ねるという言葉がありますが、

【刺身包丁】には当てはまりません。

 

 

刃渡りが長すぎる【刺身包丁】は

一般家庭には適しません。

プロは短い刺身包丁は適さないので

40㎝程の長いものを選びます。

 

 

切れ味の鋭い柳刃包丁は、

蛸引包丁に比べると

タコなど滑りやすい食材は切りづらさを

感じる場合があります。

 

 

反対に柳刃包丁と比べると

蛸引包丁はブロック状の魚を

切りづらく感じる場合があります。

 

 

それぞれ切れないということではありませんが、

比較した場合に多少切りづらさを

感じる場合があるということです。

 

 

片刃の【刺身包丁】は、

扱いになれていない場合

刺身がキレイに引けないことがあります。

そのため、初心者には適していません。

 

 

一方で両刃の【刺身包丁】は、

片刃と比較すると切れ味が落ちるという

デメリットがあります。


また刺身を引くことに特化した【刺身包丁】で

肉や野菜を切ったり魚を捌いたりすることは

適していません。

 

【刺身包丁】の特徴やメリットとデメリットを知って

柳刃包丁や蛸引包丁、

片刃や両刃など自分に合った包丁を

見つけてみてくださいね♪

 

 

売れ筋ランキングを見る


 

友達登録する

 

 


 

インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.