インフォメーション

2021/10/01 16:10




【骨スキ包丁】は、刃厚が厚くて頑丈な包丁です。

鶏を捌いたり肉を解体することができ、

魚を捌くこともできます。

 

 

頑丈で刃こぼれしづらいことから

骨付き肉の骨から肉をキレイに切り剝がす際に

適しており、かたい骨に刃が当たっても

刃が欠ける心配がありません。

 

 

一般家庭ではあまり多くは使われていない包丁ですが、

1本持っておくと、色々な用途に対応できる

使い勝手の良い包丁ですよ!

 

 

当記事では【骨スキ包丁】について、以下の内容をまとめています。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

  1. 【骨スキ包丁】の特徴とは?
  2.  【骨スキ包丁】のメリット
  3. 【骨スキ包丁】のデメリット

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

売れ筋ランキングを見る▶


友達登録する▶


 


 

【骨スキ包丁】の特徴と

メリット・デメリットを知って

効率的に使ってみてくださいね!

 

 

【骨スキ包丁にはどんな特徴がある?】

 


 

【骨スキ包丁】は骨付き肉の骨から肉を切り剥がせる包丁で、

鶏を捌いたり肉全般の解体に使えます。

肉だけでなく、魚を捌くこともできる

パワフルな包丁なんです。

 

 

まずは【骨スキ包丁】の特徴について

詳しく見ていきましょう。

 

 


 

 

よく使用される刃渡りは1518㎝くらいのサイズです。

刃渡りが短めな9㎝前後のものもあり、

より細かい部分を切りたい際に重宝します。

 

 

骨付き肉や魚をさばきたいなら

一般的な1518㎝サイズがおすすめですよ!

 

 

刃幅は狭く、刃厚が厚いという特徴があります。

刃幅が狭いことから複雑な骨周りも切りやすく

キレイに骨から肉を剥がすことができます。

 

 

刃厚が厚いことから、かたい骨にあたっても

刃が欠ける心配がありません。

頑丈なつくりなので、ワイルドな調理に

欠かせませんよ。

 

 

【骨スキ包丁】は、アゴがあるタイプと

アゴがないタイプがあります。

アゴがあるタイプは、角型(東型)と呼ばれています。

アゴがあるタイプは、丸型(西型)と呼ばれています。

 

 

【骨スキ包丁】の切っ先は、尖っていて鋭利です。

そのため、複雑な骨周りにも刃が入りやすく

細かい部分もよく切れます。

 

 

【骨スキ包丁のメリットとは?】

 


 

【骨スキ包丁】は頑丈で力強い調理を可能とする

頼れる包丁です。

どんなメリットがあるのか細かく見ていきましょう。

 

 


 

 

刃渡りが一般的な1518㎝の【骨スキ包丁】は、

長さをいかして肉や魚を一気に切りやすいという

メリットがあります。

 

 

刃渡りが短い【骨スキ包丁】は、

細かい部分や凸凹のある部分が切りやすいです。

 

 

刃幅が狭いという点から、

肉や魚の身に刃が入りやすく切りやすいです。

切っ先が鋭利なので、切り込みやすく

複雑な骨周りの肉もキレイに切り離すことができます。

 

 

アゴがある角型(東型)の【骨スキ包丁】は、

アゴがある分、刃で手を傷つけにくいという

メリットがあります。

 

 

包丁を使い慣れていない人は特に

アゴのある包丁の方が良いでしょう。

 

 

アゴのない【骨スキ包丁】は、

アゴがない分、持ち運びに便利です。

釣りやバーベキューなどアウトドアで使いたいときには

携帯しやすいアゴのないタイプが使いやすいですね。

 

 

【骨スキ包丁のデメリットとは?】

 


 

メリットがたくさんある【骨スキ包丁】ですが、

デメリットもあります。

 

 

デメリットを知っておけば、

より効率的に【骨スキ包丁】を使うことができますよ♪

 

 


 

 

肉や魚を捌くのに特化している【骨スキ包丁】は、

野菜や果物を切るのには向いていません。

また肉の解体ができる【骨スキ包丁】ですが、

野菜や果物のみじん切りや飾り切りにも適していません。

 

 

魚を三枚おろしにできますが、

刺身をひくことは向いていません。

切っ先が鋭利なので、尖ったものが苦手な人は

扱いづらさを感じるかもしれませんね。

 

 

アゴがあるタイプの角型(東型)を

携帯する際は

アゴの部分が邪魔に感じることが

あるでしょう。

 

 

アゴがないタイプの丸型(西型)は

アゴがないことで刃の境目がわかりづらく

慣れない人が扱うと

刃で手を怪我する恐れがあります。

 

 

最大のデメリットは、

【三徳包丁】や【牛刀】のような万能包丁と比べると

“さまざまな用途に柔軟に対応できない”

という点です。

 

 

しかし【骨スキ包丁】があれば

肉を捌いたり、骨付き肉の調理をしたり、

魚を捌くことに特化しているので

豪快な調理ができます。

 

 

使用する食材や用途に応じて

的確な包丁選びができれば

調理が快適になり料理の腕前が

上達していきますよ。

 

 

【骨スキ包丁】の特徴やメリット・デメリットを知って

調理の際に有効的に使ってくださいね!

 

 

売れ筋ランキングを見る▶


友達登録する▶


 


 

インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.