お探しの包丁を以下からお選びください

ブログ

2021/04/01 20:00


包丁を日々使っていると、切れづらくなってきてしまうのは

仕方がないことです。

包丁は食材を切るうちに

刃が摩耗していき、切れ味が落ちてしまいます。

しかし、日常的に正しいお手入れを行い、

定期的に研ぎ直しをすることで、鋭い切れ味を

長続きさせることができますよ。

当記事では、包丁の定期的な研ぎ直しの方法と

研ぎ直しのコツを紹介しますので、

ぜひ包丁のお手入れの参考にしてみてくださいね。

 ダマスカス包丁の専門店 Kia Oraはこちら


「包丁は定期的な研ぎ直しで永切れ性アップ」



日々の調理によって摩耗した刃は、切りづらくなりますが、

定期的な研ぎ直しによって切れ味を再び蘇らせることができます。

鋼材によって研ぎ直しの頻度は異なり、

7CR17MOV1ヶ月に1回程度(調理頻度が少ない場合は2ヶ月に1度程度)

VG102ヶ月に1回程度(調理頻度が少ない場合は3ヵ月に1度程度)

これらの頻度での研ぎ直しをオススメします。

 

研ぎ直しの際に必要になるものは「砥石」です。

砥石は、包丁の材質によって、適したものを選びましょう。

ダマスカス鋼包丁のようなステンレス鋼の場合は、

l  マグネシア製法

l  レジノイド製法

これらの製法による一般的な砥石が良いでしょう。

 ダマスカス包丁の専門店 Kia Oraはこちら


「包丁の研ぎ直しのコツ」

包丁の研ぎ直しをする際は、砥石に対して包丁をセットする

角度が重要になってきます。

まずは、刃の表面を45°、裏面を45°で研ぎます。



その後仕上げで、包丁を砥石に対して15°~20°で研ぐと良いでしょう。

このとき、研ぎ始めてから研ぎ終わるまでの間、

角度が極端に変わらないように注意してくださいね。



研ぐ順番としては、

持ち手の近くの刃→刃の真ん中→刃先

という流れで、研ぐ位置をずらしながら研ぎ進めていきましょう。

同じ要領で反対側の刃も研いでいきます。

角度をキープしながら研ぐ

というポイントをおさえて、研ぎ直しを行ってくださいね。

 ダマスカス包丁の専門店 Kia Oraはこちら


当店で取り扱っているオススメのダマスカス包丁は、

XITUO 牛刀 刃渡り 20.5cm VG10 ks20081101

です。

こちらのURLから

https://www.damascus-kia-ora.com/items/32573525

ご購入いただけます。

 

当店では、他にも多数の商品を取り揃えております。

ダマスカス包丁の専門店 Kia Oraはこちら








E-mail:damascus@connected-frmjp.lovepop.jp