インフォメーション

2021/02/18 20:00


包丁は、新品であれば鋭い切れ味ですが、

使い続けているうちにだんだんと切りづらくなってしまいます。

切りづらい包丁での調理はストレスで、怪我の恐れもあり危険ですね。

包丁の切れ味を長続きさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

当記事では、包丁の切れ味をキープさせる方法と、

正しいお手入れ方法を紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「包丁の切れ味を長続きさせる方法」



包丁は使い続けたら、どうしても切れ味が落ちてしまうものです。

ただ、きちんと「研ぎ直し」をすることで

包丁の切れ味を長続きさせることができますよ。

よく切れる包丁の刃先は、尖っており、刃はギザギザとしています。

しかし、摩耗することで刃先が丸くなり、刃がツルツルになって、

切れづらい包丁になります。

切れ味が悪くなった包丁は「研ぎ直し」をすることで

鋭い切れ味が復活しますよ。

l  7CR17MOV」の包丁なら1ヶ月に1回程度

l  VG10」の包丁でなら2ヶ月に1回程度

これらの頻度で研ぎなおしを行うと良いでしょう。

普段のお手入れに「中砥石」を使って砥ぎ直し、

その後「仕上砥石」で研ぐと良いです。

ただ、包丁が欠けているときには「荒砥石」を使った後に

「中砥石」「仕上砥石」を使って研ぎ直すようにしましょう。

 

「包丁の正しいお手入れ方法」



包丁の切れ味をキープさせるためには、

普段の使い方も大切です。

包丁を使い終わったら、

l  キレイに洗浄して刃の汚れを落とす

l  水気がなくなるまでしっかりと拭き取ってから保管する

これらを行うことが大切です。

 








インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.