インフォメーション

2021/02/11 20:00


包丁の鋭い切れ味はいつまでも長続きさせたいですよね。

包丁は使い続ければ、切れづらくなってくるものですが、

適切なお手入れ方法を行っておけば、

鋭い切れ味は長続きし、包丁を長く愛用することができますよ。

当記事を読めば、包丁の鋭い切れ味をキープすることができ、

適切なお手入れ方法がわかりますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「包丁の鋭い切れ味をキープさせる方法」



包丁の鋭い切れ味をキープさせる方法は、

難しいことはありません。

よく切れる包丁の刃先は、

l  尖っている

l  ギザギザ

という特徴があります。

しかし、切りづらくなった包丁の刃先は、

l  丸くなる

l  ツルツル

になっています。

切りづらくなった包丁の切れ味を取り戻すためには、

刃先を尖らせ、ギザギザにすると良いです。

そのために

l  7CR17MOV」の包丁であれば1ヶ月に1

l  VG10」の包丁であれば2ヶ月に1

くらいの頻度で研ぎなおしを行いましょう。

砥石を使って砥ぎ直しをする場合、

包丁が欠けているときには「荒砥石」

普段のお手入れなら「中砥石」

「中砥石」の後には「仕上砥石」

を使って研ぎ直すと効果的です。

 

「包丁の適切なお手入れ方法」



包丁の切れ味をキープさせるためには、

定期的な研ぎ直しが大切です。

それだけではなく、普段の使い方も

気を付けましょう。

包丁を使い終わったら、

l  キレイに洗浄する

l  水気がなくなるまで拭き取る

これらをしっかりと行うことが大切です。

 








インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.