インフォメーション

2021/02/05 20:00


おもてなし料理は、ゲストの心と胃袋を

つかむような、やみつき料理を作りたいですね!

ゲストが集まればお酒も進みます。

そんなときには、美味しいおつまみが必要ですよね。

そこで当記事では、夕飯やおつまみにぴったりの

「よだれ鶏」のレシピと

調理の際に使っていただきたい包丁を紹介します。

 


用意するもの

鶏むね肉 1

塩 小さじ1

酒 大さじ1

しょうが 1片(薄切りにする)

長ネギ(青い部分) 2

<タレ>

しょうが 1片(すりおろす)

ニンニク 1片(すりおろす)

鶏肉のゆで汁 50ml

醤油 大さじ2

酢 大さじ1

ラー油 大さじ1

砂糖 小さじ2

ごま油 小さじ1

 

調理方法

 

    鍋にたっぷりと水を入れ、塩と酒を加えて沸騰させたら、鶏肉としょうが、ねぎを加えます。

 

    再び沸騰したら1分ゆでて、火をとめ、ふたをしてそのまま冷やします。

 

    タレの材料をすべて混ぜ合わせておきます。

 

    ②を切って③のタレをかければ完成です。

 

ピリッと辛い味付けが癖になる1品です。

鶏むね肉を使用しているため、ヘルシーで

カロリーが気になる人も楽しめる料理ですよ。

 

鶏むね肉の切り分けには「牛刀」

しょうがの薄切りには「ペティナイフ」がオススメです。

 








インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.