インフォメーション

2021/01/14 20:00

魚料理はとっても美味しいですね!

しかし、自宅で調理をするとなると下処理が大変です…。

魚を取り扱う飲食店では、刺身包丁がありますが、

一般家庭ではなかなか持っていないというところが多いですね。

刺身包丁がなければ、キレイなお刺身をひくことは

できないのでしょうか。

実は、刺身包丁がなくても、キレイなお刺身をひくことができます!

また、魚をさばくために用いられる出刃包丁がない場合も、

魚をさばくために丁度良い刃渡りの包丁があれば

問題ありませんよ。

このように、包丁の刃渡りの違いによるメリットとデメリットを知れば、

魚を楽に調理することが可能になります!

当記事では、刃渡りの違いによるメリットとデメリットについてと、

当店オススメの包丁を紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


「包丁の刃渡りの違いによるメリットとデメリット」

包丁の刃渡りは、長いものと短いもので

切りやすい食材が変わります。

刃渡りの長い包丁のメリットは、

l  刺身をひくことができる

l  魚をさばくことができる

これらです。

デメリットは、

l  小さい食材を切りづらい

l  細かい作業に向いていない

これらです。

 


次に刃渡りの短い包丁のメリットは、

l  小さな食材を切りやすい

l  飾り切りや皮むきなどの小細工ができる

これらです。

デメリットは、

l  刺身をひこうとすると身をつぶして、ちぎれてしまう

l  魚など大きくて弾力のある食材を切り分けられない

これらです。

 


切りたい食材に応じて刃渡りの異なる包丁を選ぶことで、

切り口をキレイに切ることができますよ。

 

当店で取り扱っているオススメのダマスカス包丁は、

XITUO 2本セット 牛刀 ペティナイフ VG10 ks20102804

です。

こちらのURLから

https://www.damascus-kia-ora.com/items/35454031

ご購入いただけます。

 

当店では、他にも多数の商品を取り揃えております。

こちらのURL

https://connected.base.shop/

から是非ご来店ください。











インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.