インフォメーション

2020/12/24 20:00

包丁の刃幅や刃の厚みによって、切りやすい食材は異なります。

筋や骨のある切りづらい肉を、骨からキレイに切り分けるには、

刃幅が狭く、刃に厚みがある頑丈な包丁が向いています。

骨付き肉の調理は大変ですが、骨付き肉を切るのに適した包丁で

調理を行えば、調理時間がスピードアップするだけでなく、

料理の出来上がりがキレイになります。

当記事では、骨付き肉や筋のある肉を切る際に

刃幅が狭く、刃の厚みがある包丁がオススメの理由と

当店オススメの包丁を紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


「包丁の刃幅・刃の厚み」

筋や骨のある肉をキレイに切るために適している包丁は

骨スキ包丁です。

骨スキ包丁は、刃幅が狭く、刃に厚みがあり、頑丈な包丁です。

骨スキ包丁のメリットは、

l  骨に添って刃を動かしやすい

l  骨に当たっても刃こぼれしにくい

これらのことです。

デメリットは、

l  刃が厚いため、皮むきや小細工などがしづらい

l  刃幅が狭いため、カサのある大きな野菜が切りづらい

これらのことです。

骨スキ包丁は、筋や骨のある肉の調理のときに

使うようにすれば良いですね。

 


包丁の刃幅や刃の厚みによって、

食材の切りやすさが変わるため、

食材や切り方に合わせて使い分けることをオススメします。

 

当店で取り扱っているオススメの骨スキ包丁は、

XITUO 骨スキ包丁 刃渡り 14cm VG10 As20062206

です。

こちらのURLから

https://connected.base.shop/items/30800712

ご購入いただけます。

 


<まとめ>

筋や骨のある肉はうま味がたっぷりですが、調理が大変です。

そこで、筋や骨のある肉の調理をしやすくする骨スキ包丁を使うことで

大変な下準備をスムーズに行えるようになりますよ。

用途に合った包丁選びは、調理をする上でとても重要なことです。

切る食材に適した刃幅・刃の厚みのものを選ぶようにすると

食材がキレイに切り分けられますよ。

 

当店では、他にも多数の商品を取り揃えております。

こちらのURL

https://connected.base.shop/

から是非ご来店ください。

ライン@登録で初回購入時8%オフのお得なクーポン配布中


instagram


facebook

インフォメーショントップへ
Copyright © ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora. All Rights Reserved.