お探しの包丁を以下からお選びください

ブログ

2020/11/26 20:00

包丁は、刃幅や刃の厚みや刃渡りが様々です。

刃幅が広いもの、狭いもの

刃の厚みが厚いもの、薄いもの

刃の長さによって、それぞれ切れ味が異なります。

包丁が扱いづらいなと感じる人は、もしかすると

包丁の刃渡りが長すぎたり短すぎたりしているのかもしれません。

当記事では、刃幅や刃渡り、

刃の長さの違いによって、切れ味がどのように変わるのかを

まとめ、当店オススメの包丁を紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


「包丁の刃幅」

カサのある大きな野菜などを切る際は、

刃幅の広い「菜切包丁」がオススメです。

カサのある大きな野菜は、刃幅の狭い包丁では

刃が途中で挟まってしまい、無理やり引き抜こうとすると

怪我をする恐れがあるので注意が必要です。

小さな食材や飾り切りをする場合は「ぺティナイフ」が

切りやすいですよ。

あまりに刃幅の広い包丁は、小さな食材を切る際に

持て余してしまいます。

 


「包丁の厚み」

肉をすっぱりと切るには、刃が薄い「牛刀」がオススメです。

柔らかい肉は、刃が薄くすっと入る包丁が扱いやすいでしょう。

肉や野菜など多目的な食材を切るのには「牛刀」よりも厚みのある

「三徳包丁」が切りやすいですよ。

硬さのある野菜などは、刃の厚みがある包丁が扱いやすいです。

 

「包丁の刃渡り」

家庭用として使いやすい刃渡りは、18㎝~22㎝のものが最適です。

一般的なキッチンのスペースやまな板のサイズから考えても

20㎝前後の刃渡りのものが扱いやすいです。

刃渡り21㎝ほどの「牛刀」があれば、重宝しますよ。

 

当店で取り扱っているオススメの包丁セットは、

XITUO 5本セット 7CR17 ks203403

です。

こちらのURLから

https://connected.base.shop/items/26828693

ご購入いただけます。

 


<まとめ>

包丁は、刃幅や刃の厚み、刃渡りによって

切りやすい食材が異なります。

包丁を用途別に使い分けると作業効率が格段にアップし、

調理がスムーズに行えますよ。

さらに美味しい料理を作れるように、目的に応じて使い分けられる

包丁を見つけてくださいね。

 

当店では、他にも多数の商品を取り揃えております。

こちらのURL

https://connected.base.shop/

から是非ご来店ください。

ライン@登録で初回購入時8%オフのお得なクーポン配布中


instagram


facebook

E-mail:damascus@connected-frmjp.lovepop.jp